ご せ
くじら
奈良県御所市櫛羅 地酒酒蔵
ち よ
千代酒造株式会社

私たちの酒造りへの思い

時間と手間をかけて、風土を醸した酒造りを目指しています

今、大変おいしい清酒がいつでもどこでも飲めるようになっています。 世界に誇る清酒の醸造技術の進歩の結果です。
清酒醸造技術は20世紀に入ってからの機械化の普及で大きく発展しました。 その結果、清酒の世界でも手工業的生産体制から工業的生産体制となり清酒造りは工業化し、高品質で均質化された製品が大量に生産、販売されています。

そのような中で時流に反しているかもしれませんが、私たちは日本人がその昔から主食としてきている米を原料とした農産物加工品としての清酒を見つめなおし、また清酒発祥の地と言われる奈良の風土を醸した清酒造りを行っています。
蔵のある櫛羅の土壌で育った酒米、近くにある葛城山から流れ出る伏流水、盆地ならではの寒冷な気候、創業以来の蔵に棲みついた微生物、そして蔵人みんなの酒づくりに対する思いと巧みと和、どれひとつ欠けても私たちのお酒は出来ません。

私たちの蔵のお酒は9年連続(計16回)で全国新酒鑑評会において金賞受賞を受賞しています。しかし、これは櫛羅の風土が醸す味わいを含めた品質の評価ではなく、製造技術に対する合格点を頂けたものと考えています。
私たちの蔵はとても小さな蔵ですが、「時間と手間をかけて、風土を醸した酒造り」をするためにはちょうどいい大きさです。 これからもこの技術を生かし、何年も何十年も先も、量を追求することなく櫛羅の風土を醸した酒造りをしていきたいと思っています。

代表取締役 堺 哲也
代表取締役 堺 哲也

受賞歴

全国新酒鑑評会 金賞受賞16回
昭和63年 平成元年 平成5年 平成8年 平成12年 平成13年 平成14年 平成16年 
平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年
※平成26年より出品を取りやめております。